FC2ブログ

涙の理由

涙と聞くと感情に伴い出るものという意識がありますが、
実は起きている時はいつでも涙を分泌しています。
そして,涙は知らず知らずのうちに鼻の方へ流れていきます。
(寝ているときは,涙はほとんど出ません)。

一日の涙の量はおとなで0.6~1cc,子どもで約1.35CCと言われており、
一年間,涙をためたとしても,ジュース一本より少し多いくらいの220ccくらいしかたまりません。

しかし,泣いたときはもっと多くなります。
涙は鼻の方へ流すだけでは追いつかなくなり,目からポロポロと溢れ出てしまいます。
ちなみに、この一粒の涙の量は約0.2ccといわれています。
また、この泣いた時の涙にも種類があり、
嬉しい時,悲しい時は副交感神経が働き,薄い水っぽい涙が出ます。
悔しい時や腹が立つ時は交換神経が働き,塩からく、しょっぱい涙が出ます。

又、あくびをしても涙が出ますが、これはあくびをする事で顔の筋肉が働いて,
涙の袋を押さえつけ袋にたまっていた涙が逆流し、涙が目からあふれてこぼれ落ちてしまう為です。
何回もあくびをすると,袋の中の涙はからっぽになってしまい、
そのために,何度もあくびをすると涙が出なくなります。くしゃみや嘔吐の場合も同じ理由で涙が出ます。
スポンサーサイト
03 | 2011/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

船くん

Author:船くん
東京視力回復センター船橋です。
千葉県内の方、東京都江東区、江戸川区、墨田区の方が
中心に通われています☆

子どもから大人まで
近視、遠視、乱視、弱視、
など視力でお悩みの方、
お気軽にご相談下さい。
ただ今、視力回復見込みチェック実施中!

〒273-0005
千葉県船橋市本町5-3-5 
伊藤LKビル8階

☎フリーダイヤル
0120-49-3149

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR