FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症の季節ですね。

春一番が観測され、連日風の強い日が続いていますね。花粉症の症状は大丈夫ですか?
今日は花粉症の目のかゆみのセルフケアについてのお話です。

辛い鼻の症状がある場合は、薬を服薬することが多いですが、目の症状だけなら、目薬で十分です。市販のものでも良いと思います。その場合、抗アレルギーの点眼薬を選びましょう。本格飛散の2週間前に使い始めれば、炎症予防にもなります。
本格化し始めて辛い症状が出始めたら、ステロイドの点眼薬を加えてかゆみを抑え、症状が治まってからふたたび抗アレルギー薬のみに戻すといいでしょう。
また、対処療法で抗ヒスタミン薬を使用する場合、飲み薬だけでなく目薬でも、眠くなることがあります。特に車の運転をする人などは安易に使用せず、眼科に相談しに行きましょう。

その他の対策法としては、サングラスや帽子で花粉を避ける、冷やした目薬を使う、防腐剤の入っていない人工涙液で花粉を洗い流す、などの方法があります。
症状を起こさないためには、花粉に触れないことが大切です。部屋に入る前に衣服についた花粉を払い落とすなどのセルフケアを、徹底しましょう。また、防腐剤の入っていない人工涙液を使って、目に入った花粉をこまめに洗い流すのもいいでしょう。目薬も冷やしたものを使うと、かゆみを感じにくくなると言われています。

コンタクトを使用している人は、花粉は非常に落としにくいので、この時期だけでも1日使い捨てタイプに変えることをお勧めしています。一度ソフトコンタクトレンズに花粉が付着すると、洗浄液で洗ってもほとんど取れません。むしろ、こすり洗いによってレンズにすり込んでしまう状態です。
いつもレンズを清潔にしていることが、アレルギー対策の基本です。1日使い捨てタイプでない、ケアが必要なコンタクトレンズを使う場合には、外したレンズをまず振り洗いして花粉を落とし、その後にこすり洗いで皮脂やたんぱく質などその他の汚れを落とします。ハードレンズの場合、たんぱく質除去クリーナーをこまめに使うことも良いですね。

花粉症ケアは目も鼻症状と同様、「花粉に触れない・持ち込まない」というのが原則です。
メガネも顔を洗うのと同様、外出先から帰宅したら、こまめに拭いたり、時々水洗いするのも効果的です。それでも目の症状が気になる場合や辛い症状が治まらない時は、眼科専門医を受診し、症状に応じた適切な処置をとってあげましょう。

東京視力回復センターブログ『EYE戦士』更新中☆

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト
07 | 2018/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

船くん

Author:船くん
東京視力回復センター船橋です。
千葉県内の方、東京都江東区、江戸川区、墨田区の方が
中心に通われています☆

子どもから大人まで
近視、遠視、乱視、弱視、
など視力でお悩みの方、
お気軽にご相談下さい。
ただ今、視力回復見込みチェック実施中!

〒273-0005
千葉県船橋市本町5-3-5 
伊藤LKビル8階

☎フリーダイヤル
0120-49-3149

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。